2016/10/25

ダイエット中に食べ過ぎた次の日は、少食にして帳尻を合わせています。


ランチ前菜

お友達とランチを食べに行ったり、仕事で飲み会に誘われる。お客様にケーキの差し入れをいただく。

ダイエット中に食事を食べ過ぎたり、カロリーを摂りすぎることってありますよね。そういうときは翌日を少食にして帳尻を合わせるようにしています。

太る原因は食べすぎることです。だから食べ過ぎた翌日に、いつもと同じように食べたらカロリーオーバーで脂肪になるだけなんですよね。

人生最後のダイエットを始めてパーソナルトレーナーの先生に出会うまで、こってりしたランチを食べた翌日も普通に食事をしていました。

美味しいものは少しで満足とか、半分食べて残すなんてかわいくできたらいいんですけれども。美味しいものはしっかり食べたい派です。

しっかり食べたいなら、その日はいつもより多めに運動をするか、翌日は少食でガマンするか、そのどちらかで考えないといけません。

「食べ過ぎた〜」と自己嫌悪で落ち込みストレスを溜めるくらいなら、翌日に食べるものを控えめにして帳尻を合わせればいいんですから。

どのくらいのカロリーで帳消しにできるのか

食べ過ぎた翌日に摂る食事のカロリーの目安は、1日に必要な基礎代謝量です。女性は約1200キロカロリーとなっています(大ざっぱな数字なので厳密に知りたいなら基礎代謝量を出す計算式で計算してみてください。)

1200キロカロリーを3等分すると、1食約400キロカロリーですね。この必要最低限な栄養素で1日を過ごすことができたら、食べ過ぎた分を帳消しにできるでしょう。

例えば朝食なら、卵入りのおかゆ・野菜のおひたし、ヨーグルトなど。意外と食べられますよね。

ただし脂肪の多い料理は避ける。また主食も少なめにして、お菓子もがまんする。

それから大事なことは、朝食は絶対抜かないことです。朝食を抜くと体内時計が狂ってしまいます。体内時計が正常じゃないと太りやすくなるのです。

体内の細胞がきちんと働かないと、身体も目覚めないので体温や血圧が上がらず、仕事や家事への活力が出てこなくなりますよ。

食べすぎた次の日の調整メニュー

前日は美味しランチやお土産をいただき、心ゆくまでお腹いっぱいになりました。というわけで今朝の食べすぎ調整メニューはこちらです。

サラダの朝食

こういうときスムージーとか酵素ドリンク類のような単品はとりません。なぜならお昼前にお腹が空いてしまって間食したり、昼食を食べすぎてしまうからです。

よく言われることですがゆっくり噛んで食べると、満腹中枢が刺激され食べ過ぎを防いでくれます。私の中でキャベツやリンゴはお助けアイテムです。

休日だったのでお昼は外食になり、家族と自然食バイキングへ行きました。野菜がたくさん食べられる外食って限られてしまいますね。

自然食ランチ

おやつは無し。夕飯の写真を撮り忘れました。

夕飯のメニューは、鶏胸肉のトマト煮・玉ねぎとワカメの味噌汁・もやしとえのきの海苔しょうゆ和えです。

運動は5キロのジョギングです。

ダイエット中といっても食べ過ぎることはあります。食べ過ぎたらリセットして動いてまた頑張りましょう。