jiyugaoka自由が丘
自由が丘

自由が丘にインテリア雑貨『ダルトン』がオープン!本とコーヒーがある男性も楽しめる雑貨店でした。


自由が丘といえばスイーツの他に、「雑貨店」を思い浮かべる方も多いはず。

広くない街のあちこちに、さまざまなジャンルの魅力的な雑貨店が点在していて、お店をプラプラ散策するのが自由が丘の魅力なんですよね。ダイエットに最適・・・。

そんな雑貨天国自由が丘に、2016年4月8日(金)大型のインテリア雑貨店『ダルトン』がオープンしましたので行ってきました。

ダルトン自由が丘外観




『ダルトン』自由が丘店は、駅北口から徒歩約3分のところです

東急(東横線・大井町線)の自由が丘駅には、改札出口が3つあります。

バスロータリーのある正面口が一番大きいのですが、『ダルトン』自由が丘店に行くには、そのわきにある駅員のいない北口改札が近いです。

「etomo」というロゴが見えたら北口です。

自由が丘駅北口

間違って正面口へ出ても、右へくるっと回れば大丈夫。南口へ出てしまったら、地図を参考にがんばって。

1階から屋上まで家具・雑貨、植物の広がるダルトンの店内

私が『ダルトン』に行ったのは4月13日(水)、オープンの11時頃に着いたので空いていて、ゆっくり見ることができました。

1階はガラス製品、植物などの雑貨が置いてあります。

ダルトン自由が丘1階

『ダルトン』自由が丘店は、雑貨と本を組み合わせたコンセプトの店。

だから、1階から中2階には「HUE BOOKS(ヒュー・ブックス)」という、個性的な内容やビジュアルにこだわってセレクトされた雑誌・書籍・洋書が揃っています。

自由が丘ダルトン1階と中2階

階段を上がって中2階へ。

動物の骨のオブジェ

写真、ファッション、宇宙など、趣味の多い男性がこだわりそうなジャンルの本が並んでました。

洋書が並ぶ中2階

2階はソファなど家具と、フックやタッセルなどパーツ類がありました。

家具のパーツ類

タッセル

3階はドリンク・フードコーナー、そしてキッチン関係の雑貨です。

雑貨そっちのけで、ドリンク・フードコーナーへ。

外国のビール

アルコールの他に、コーヒーもありました。きれいに並んだドライフルーツも魅力的です。

ドライフルーツ

休日の午後、雑貨をみて、本を見て、ビールとナッツで休憩。

そんな30代40代のインテリア好きな男性、いや女性も一緒のデートに良さそうですね。

たくさん席はありません。カウンターのようなスペースで、コーヒーでまったりしてきました。

植物のあるカウンタースペース

まったりしたら時間がなくなって(汗)、屋上に行けなかったのが心残りです。

次回は必ずチェックして、写真を追加したいと思います。

エレベーターをチェックするのを忘れたのですが、ベビーカーで店内を回るにはちょっと狭いかもしれません。

わが家にある『ダルトン』の定番ゴミ箱

『ダルトン』は雑貨を卸している会社でもあります。

定番のゴミ箱は、わが家でも使っています。地域によって違うかもしれませんが、近所はカラス対策でゴミ袋をそのまま出さないのが暗黙のルール。

そしてどの家庭もダルトン!わが家もダルトン。

ダルトンのゴミ箱

外に置きっぱなしだから、きたな〜い!ゴールデンウィークに洗います。

参考 ゴールデンウィークは予定がないから掃除しよう!春は掃除に最適な季節です。

多肉植物、家具、雑貨、コーヒーに本。かわいい女性向けの雑貨店とは違う視点でセレクトされてる店内。

『ダルトン』自由が丘店は、違いがわかる・個性的な雑貨が好きな・センスにこだわる男女向けのインテリア雑貨店でした。

関連屋外で使うシンプルでおしゃれなゴミ箱を「ダルトン」で購入。でもサイズを間違えて失敗。

名称 DULTON JIYUGAOKA
住所 東京都目黒区緑が丘2-25-14
定休日 なし
営業時間 11:00~20:00
電話 03-6421-4875
サイト 店舗情報
Category : 自由が丘




コメントを残す





ブログ一覧へ戻る