2017/06/16

片づけたい、捨てたい、でもできない。断捨離はできない自分を認めることからスタートすればいい。

片づけられない私はダメな主婦ですか?

パンパンに膨らんだ財布の中のレシート、色が出なくなったアイライナー、飲み口が欠けたマグカップ。粗大ゴミに連絡せず、ずっと外に置きっ放しのホース。

片づけたい、捨てたいと目についたものさえ、放置しています。

気力も体力も時間もいつまでもあるわけじゃないし、3月から放り出している1日1捨の捨てる習慣をなんとかしなくては。

というわけで、私の停滞している片づけに風穴を開けるべく、断捨離の提唱者やましたひでこさんの本を図書館で借りて読みました。

(読んでないで、はやく捨てればいいのに・・・)

断捨離は人生を調えていくためのトレーニング

断捨離の本

断捨離という言葉があたりまえに使われるようになりました。断捨離することイコール「不用品を捨てること」のように思っていましたが、あなたはどうですか?

関連 断捨離・ミニマリスト・シンプルライフ、今さらだけどこれってどう違うの?

ヨガの断行・捨行・離行という行法哲学を、やましたひでこさんが自分とモノとの関係の問い直しに応用して生まれたのが断捨離です。

  • 断・・・入ってくる不要・不適・不快なものを断つ
  • 捨・・・はびこり堆積した不要・不適・不快なものを捨てる
  • 離・・・とらわれた状態から、離れていく

断つと捨てるという行動を繰り返すことで、離の状態、すなわちゆとりのある環境、自分が自由な状態を手に入れられるというのが断捨離です。

断捨離とは、自分とモノとの関係を問い直し、どんな暮らしがしたいのか人生を調えていくためのトレーニング。

断捨離は、生きている限りずっと意識しつづけるから、ダイエットのようなものなんだなと気づかされました。

断捨離の3つの作業

できない自分を認めることからスタート

ごちゃごちゃした引き出し

一見きれいに見えるわが家ですが、引き出しを開ければこの状態。

けして整然と収納したいわけではなく、ものが減って取り出しやすければいいのです。捜しものにイライラしない暮らしがしたい。

でも1日1捨でちょっとずつ断捨離だー!と腕まくりするのはまだ早かったかもしれません。

断捨離の1つ目の作業は、「片づけられないのはあたりまえ」「どれから捨てていいのかわからなくて当然だ」というように、できない自分を許す「居直り」からスタートします。

ヨガの入り口も自分の身体の言い分を聞くことから始まるそうですが、断捨離も自分の心と向き合うことなのですね。

子育てや仕事で忙しいと言っている間に、捨てそびれたもの。まったく出番のないもの、増えていくものでゴチャゴチャしたリビングでくつろげないストレス。

まずはたくさんのモノ・ゴミ・ガラクタが家にあることを認識すること、最初は片づけが上手くいかなくても、自分を責めないことです。

環境を入れ替える

私たち人間が吐いてから新鮮な空気を吸うように、快適な空間のためには入れ替えが必要です。

長い間使っていないモノは、いつのまにか部屋に堆積していきます。身動きがとれなくなる前になんとかしたいですよね。

断捨離の2つめの作業は見えるところから徹底的に入れ替えていくことです。その結果として、自分の心や気持ちといった見えないものまで入れ替わっていくらしいです。

環境を入れ替えて、自分も入れ替わる。この一文で、片づけて手放さなければ自分がのぞむ快適な暮らしは入ってこないと、心に落ちた気がします。

本来の自分を見つけ出す

断捨離、最後の3つめの作業は本当の自分を発掘する、です。

  • 自分が好きなモノやコト
  • 自分が大切にしているモノやコト
  • 自分にとって重要なモノやコト

自分がいま気に入っているものを知ることは、自分を知る行為そのものだからというわけです。

たくさん堆積したモノ、ゴミ、ガラクタの中から、ひたすら今の自分にふさわしくないものを取り除いていくだけ。

大切なものの価値は人によって違うから、家族のものはとりあえず後回しにして。まずは私自身が、捨てるのか残すのかを自分で選んでいかなくては始まりませんね。

断捨離は目的じゃなく手段

1日1捨でいいとハードルを下げたものの、とにかく捨てること、家からものをなくすことばかり考えていました。捨てるというマイナスな作業だけに意識がいってしまうから、楽しくないし続かないわけですね。

断捨離はあくまでも、安心して快適な暮らしを自分に与えるための手段。断捨離を目的にして、目的を達成できない自分を責めるのはやめました。

できるだけ元気なアラフィフで取り組まないと、自分の更年期だけじゃなく、親の病気や介護でドタバタしてさらに部屋が散らかるかもしれないからね。

関連 1週間の断捨離まとめて公開します。やっと粗大ゴミを捨てられた〜。

遠回りのような気もしたけれど、断捨離の本を読んでよかったな。私が読んだ本はもう売ってないけど、おすすめする断捨離バイブルです。