education子どもの教育
子どもの教育

これを見れば安心!入試直前12月にやることリスト【中学受験2017】

1月上旬から埼玉の私立中学入試が始まります。入試直前はやることがたくさんありますね。

「この先、いつ何をすればわからない」と不安や焦りでいっぱいのかたが曖昧にならないために、12月のやることリストを作りました。

雪だるまイラスト

受験のためのスケジュールを立てる前に忘れてほしくないのは、中学受験するお子さんは小学校最後の学年だということです。学校行事は思い出作りのために最優先でスケジュールに入れてくださいね!

それでは入試直前の12月にやることリストを順番にみていきましょう。いまやるべきことを把握しておくと安心ですよ。




受験校は12月上旬までに最終決定しよう

長男が受験のときは併願校を決める段階になって、「この学校見ていない・・・」と後悔しました。

学校説明会は行かせたい人気校ばかり巡るのではなくて、併願校として候補にあがりそうな学校も見ておいたほうがいいです。

本命の中学校、併願校を12月上旬までに決めておきましょう。

迷っているなら塾の先生に面談を申し込んで相談したほうがいいです。塾の先生はプロですし、冷静な第三者の意見は大事です。

夫婦、親子で考えている学校が違う場合険悪な戦いをするのはよくありません。

小学校に調査書・報告書を依頼する

調査書が必要な学校もあります。

小学校の先生に記入してもらう調査書や報告書がある場合は、遅くても冬休み前に依頼しておきましょう。その際、いつ受け取れるかも必ず確認を。

小学校の先生は通知表をつけるため大変忙しい時期です。早めに行動しましょう。

通知表のコピーが必要な学校もあります。サイズやコピーの仕方は学校によって違うのでよく確認し、多めにコピーしておくと安心です。

インフルエンザの予防接種2回目を受ける

注射イラスト

インフルエンザの予防接種は、小学生は1ヶ月程度間隔をあけて2回接種になります。さかのぼって1回目は11月上旬に接種しておくといいですね。

効果は5ヶ月程度持続すると言われていますので、卒業式・入学式まで効くと最高ですが・・・。

インフルエンザの予防接種を受けたから、絶対かからないというものではありません。もしインフルエンザになったとしても今は薬がありますので。わが家も受験の年だけは家族全員が接種しました。

入試直前の学校説明会や行事

春や秋に開催されることが多い、中学校の入試説明会。

じつは12月に入試説明会や学校のクリスマス行事を公開している学校もあります。

入試直前なので、学校説明会では試験問題のヒントをくれるところもあるとか。

願書の作成、出願

出願する学校を決める前から、受験する可能性のある学校の願書は、説明会や直接学校に行って用意しておきましょう。

今はインターネット出願も増えていて、2017年度はかなり増えていると考えられます。

受付方法の確認(窓口に持参・郵送OK・インターネットのみ)と、郵送の場合しめきりが「消印有効」か「必着」かもチェックしましょう。

願書用の写真のサイズが学校によってバラバラなので、11月に撮影するときはなるべく写真店で多めに準備したほうがいいですよ。

最後の模試

大手の塾の公開模試(合格判定の出る模試)は、12月が最後です。ここで結果が悪くても心配しないでください。塾の先生の指示を聞いてまた頑張れば大丈夫です!

2013年に受験した長男は、なんとこの最後の公開模試をインフルエンザで欠席しました・・・。

試験会場が本命校だったので、本番の練習になると思っていたので親は不安でした。でも長男本人は切り替え早かったですね。

冬期講習スタート

プリント

最後の冬期講習がスタートします。これまでたくさん勉強してきた総仕上げです。

本命校で最後の公開模試を受けられなかった長男は、この冬期講習を頑張っていたと思います。親としてはお弁当のサポートくらいしかしていません。

そしてさらに、1月の受験で不合格だったあとから根性を見せてくれました。

いま本命校の偏差値に届かないからといって絶対に諦めないでくださいね。

受験費用の確認

受験に必要なお金の準備は大事です。ギリギリになると慌てるので今から落ちついて準備しておきましょう。

受験する学校×受験料、そして合格発表のあとに必要な入学手続き金を合わせるとけっこう大きな金額です。

どこにしまったか忘れないように、「中学受験に必要なもの」をまとめてしまう場所を決めておくといいですよ。

面接の準備

ガッツポーズの親子

受験する学校によっては面接があります。「入学したい」という気持ちを伝えられるように準備しておくといいですね。

入試当日、関東に大雪が降る可能性はゼロではありません。防寒服、スノーブーツ、長靴も準備しておくと慌てずにすみます。

最後に、万が一に備えて

12月にやるべきことが整理されたでしょうか。

本命校・併願校、午前・午後入試など流れを決める作業がむずかしかったこと思い出しました。

最後に、この年末年始で親戚が集まる機会には、万が一の緊急事態に備えて受験のスケジュールを共有しておくことをおすすめします。

志望校合格に向けて、体調管理に気をつけ頑張りましょう。

国語の中学入試問題は、合格したあとにも楽しめる受験目的だけではもったいない作品ばかりです。

Category : 子どもの教育




コメントを残す





ブログ一覧へ戻る