美しい色の洋服を着たい。綺麗なブルーのシャツでアラフィフコーデ

ブルーのシャツ

美しい色、綺麗な色の洋服は、自分の心が元気じゃないと着れないのかもしれない。

なぜ多くの人がベーシックカラーを選ぶのか。それはもちろん、必ず売っている色だからでしょう。

美しい色の洋服を探すのは時間がかかって面倒なものです。だからこそ価値があり、大切に着たいという気持ちになります。

おばさんは暗い色の洋服しか着ない?

いつだったか氷川きよしのコンサート会場付近を偶然歩いたことがありました。次々と押し寄せるおばさまの集団は、黒と茶色のダウンコートの塊にしか見えませんでした。

テレビの観覧席にいる20代女性の集団もみんな同じに見えますが、まだ色が明るいじゃないですか?

なぜ年を重ねると地味な色に落ち着いていくんだろう。それは派手な色は似合わないという思い込みがあるからかもしれませんね。

美しい色は、自分まで美しくなったような気分になります。さらに似合って美しい色なら、自分のファッションに自信が湧いてきます。

着まわしできるからという理由で、黒・グレー・ベージュ・ネイビーばかりのクローゼットになっていませんか?

アラフィフはカワイイから卒業したほうがいい

地味な対極にあるのが、カワイイ系のアラフィフファッション。娘さんと同じような洋服を着ている女性をよく見ます。

スタイルが良く着られるからといっても、若い女性と同じファッションは卒業したほうがいい。客観的に見て、はっきり言って、顔だけ老けているのが目立ちます。

カワイイことは悪いことではないけれど、性格だけ可愛ければいいんじゃないかな?大人であることが、アラフィフの魅力なのでは?

美しい色を積極的に着たい

ブルーシャツコーデ

私は美しい色を積極的に着たい。綺麗な色を着ていたい。全部ベーシックカラーにならないように考えて洋服を買っています。

派手なピンクやオレンジに走らなくても、世の中美しい色の服はたくさん見つけられますよ。

今日のブルーのシャツは「メーカーズシャツ鎌倉」のもの。ここのシャツは6000円くらいで買えるのに形が綺麗でオススメです。

参考 メーカーズシャツ鎌倉公式サイト

合わせた赤いベルトは夏に楽天で購入したものです。ネイビーのパンツに合わせてネイビーのショートブーツにしたのは、短い足を長く見せるため。

二子玉川高島屋のエスカレーターで後ろにいたご婦人が「あなた、素敵な色ね、かっこいいわ」と褒めてくれました。

知らない人に素敵ねと言える、私もそういう余裕のある女性でいたい。真似して誰かを褒めたい気分です。