これはお得!&ROSY(アンドロージー)創刊号の付録・新商品モテライナーとアイマスク

アンドロージー創刊表紙

アンドロージー創刊付録

宝島社より9月21日に創刊された「&ROSY(アンドロージー)」。年4回の季刊誌で3か月ごとの発売だそうでうす。

新聞広告で発売を知ったのですが、付録が新製品のモテライナーの現品サイズとあったので迷わず買いました。

雑誌が820円で、付録が1620円てお得すぎて太っ腹じゃないですかー。さっそく開封して使ってみました。

美容雑誌としてのアンドロージーは?

アンドロージー創刊表紙

Amazonにあるアンドロージーのレビュー評価は、「中身が薄い」などよくありませんでした。

確かに3ヶ月ごとにこの内容では物足りなさを感じます。新しいのは「品格美容」なる言葉だけで、他の美容雑誌のほうが読むところはたくさんあるかもしれません。

ただ個人的に広告が少なく、写真やレイアウトがきれいでよかったんですよね。ネイルとジュエリーの合わせ方の特集は面白かった。

好きな雰囲気ですが、表紙の井川遥さんは40歳。まぁ、アンドロージーの想定年齢よりもお姉さんな私は「美STORY」を買うでしょう。

創刊号の付録は「モテライナー」と「黒猫アイマスク」

アンドロージー創刊号の付録は、「モテライナー」と「黒猫アイマスク」です。

新商品の「モテライナー」

アンドロージーのモテライナー

付録のモテライナーはピンクのパッケージ。下は私が使用中のモテライナーです。

10月1日に発売される「モテライナー」をひと足先にお試しできる。しかも1620円の現品サイズですよ。

モテライナーブラウンブラック

「モテライナー」とは、フローフシというメーカーが出しているリキッドアイライナーです。筆が描きやすく私も愛用しています。

  • 筆がしなやかでラインが描きやすい
  • 描いたラインがにじみにくい、すぐ乾く
  • お湯で簡単に落とせる

これが人気の要因。新商品は6人の匠の手作りで生み出される大和匠筆なんだとか。よくわからないけどありがたや。

黒では強すぎ、ブラウンでは柔らかすぎという方にオススメ、一番人気のブラウンブラックが付録です。10月1日発売の新商品は、他にブラック・ブラウン・ネイビーブラックの4色展開です。

消えにくいのに、なぜお湯で落ちるのか。今のアイライナーやマスカラはほとんどお湯で落ちますね。

オォ〜匠筆、描きやすいわぁ。アラフィフのたるんだまぶたは、アイラインがないとぼやけるので。

アイライナーを引く

黒猫アイマスク

ネコアイマスク

なぜアイマスク、なぜ猫耳なのか、謎です。創刊号だから2つ付録つけたいけど、モテライナーに予算使っちゃったのかな。

黒猫アイマスク、正直バザーで売ってる感は否めません。

アイマスク裏サテン

アイマスクの裏側は

シルク生まれの潤い成分「ピュアセリシン」を配合した、フレシール加工を施した特別な生地を内側に使用。
セーレンオリジナルの特殊技術で、優しい肌触りで潤いを感じることができます。
引用:アンドロージーP.15

ちょっと何言ってるかわからない(汗)目元をかわいく優しく保護しながら、たっぷり寝ようニャンってこと?

アイマスクの感想

私は、大人の官能的なアイマスクの付録を希望。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です